スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


民主内に首相責任論も=普天間、県内移設で(時事通信)

 民主党の輿石東参院議員会長は23日、鳩山由紀夫首相が沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古周辺への移設方針を表明したことについて、取材に対し「県民の理解を得ようとする首相の努力を評価する。今後の推移を見守るしかない」と述べた。
 ただ、同党内には、政府案が迷走の末にほぼ現行計画通りとなったことで、政権批判がさらに高まり、夏の参院選に悪影響を与えると懸念する見方もある。幹部の一人は「5月決着を言い出した首相には責任がある」と指摘。執行部に批判的な中堅議員は「誰も責任を取らずに参院選には臨めない。首相は胸に手をあてて責任の取り方を考えた方がいい」と語り、首相に退陣を促した。
 一方、国民新党の下地幹郎国対委員長は、日米両政府が調整している沖縄の負担軽減策について、「沖縄県民は注視している。首相が誠実に一つ一つ解決していけば県民の理解も得られる」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

<日米会談>両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(上)「総理 なぜ決断できぬ」(産経新聞)
「着実に持ち直し」を維持=景気判断―5月月例経済報告(時事通信)

口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日朝、宮崎県で過去最悪の被害が拡大している口蹄(こうてい)疫について、「一番大事なことは政府として(対策に)万全を期し、これ以上、感染を広げず、農家に『大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから』という思いを理解をしていただくことだ」と述べた。

 また、「感染経路を十分に把握することが難しい。生き物を扱う対策だから、非常に難しい」と対策の難しさを強調。記者団からの「政府や県の対応に問題点はなかったか」との問いには、「すでにこれまでも、政府で対応はしてきた」と反論した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
口蹄疫被害 種牛も汚染された不手際
ブランド牛の危機 口蹄疫、種牛も殺処分対象に
「宮崎牛」が消滅危機!? 冷凍精液の在庫は15万本
鳩山首相、口蹄疫対策本部設置「拡大とめられぬ現実がある」
横峯選手が1200万寄付「被害収まるまで寄付続けたい」
中国が優等生路線に?

不機嫌そうな小沢氏、無言で国会入り(産経新聞)
通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
うつ病が回復しない原因、「自分の性格」と考える患者が7割超(医療介護CBニュース)
鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」(産経新聞)
車から振り落とし2人逮捕=170メートル走行−逃走阻止の男性殺害容疑・京都府警(時事通信)

みんなの渡辺氏、検察の捜査は「当然」(産経新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表は12日の記者会見で、東京地検が小沢一郎民主党幹事長を任意で事情聴取する方針を固めたことについて「検察の不起訴処分によって小沢氏の身の潔白が証明された、とはあり得ない。検察審査会の(起訴相当の)決定が出た以上は、検察が粛々と捜査するのは当然のことだ。小沢氏は、身の潔白を証明したいのであれば、素直に応じるのが普通ではないか」と述べた。

【関連記事】
小沢氏再聴取へ 改めて問われる説明責任
小沢氏が政倫審出席の意向 参院選で得策と判断
小沢氏、2人区の新人への重点的支援を要請
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」
鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」
少子化を止めろ!

妻の弁護士を家裁で殴る=離婚調停中の男、容疑で逮捕−千葉(時事通信)
<測量船追跡問題>岡田外相 駐日中国大使を呼び抗議(毎日新聞)
医療・介護連携テーマに6月にセミナー(医療介護CBニュース)
民主「鳩山首相支える」=県内移設に社民反発(時事通信)
痴漢多発の埼京線、防犯カメラ設置車両で被害ゼロ(産経新聞)

JICAに厳しい「仕分け」緒方貞子理事長給与にも言及(J-CASTニュース)

 行政刷新会議による「事業仕分け」第2弾が2010年4月23日、東京・日本橋の民間貸し会議室で始まった。初日の序盤では「前回に比べてトーンダウンしているのでは」との声が記者団から出たものの、この日の「本丸」である国際協力機構(JICA)への仕分け作業に入ると、「前回の仕分けの結果が反映されていない」などと独法側に対する厳しい追及が続いた。

 「第2弾」で対象となるのは、47独立法人の151事業で、初日は9法人28事業が対象。前回の09年11月の会場は、体育館をパーティションで区切って3つの会場で作業が行われたが、今回は会議室を借り切って2会場で行われた。

■仕分け人からは続々と批判の声

 2会場あわせて240席の一般向け傍聴席が用意されたが、前回に増して関心度が高い様子で、仕分け会場は傍聴人であふれていた。前回の仕分け会場に比べて天井が低いこともあって、熱もこもりがちだった。入場制限も行われ、一時は100人以上が1階のエレベーターホールで足止めをされ、テレビ中継で仕分けに見入っていた。

 2つある仕分け会場のうち、「仕分け人」蓮舫参院議員が登場した「ワーキンググループA」では、1コマ60分の仕分け作業が、6回にわたって行われた。「沖縄科学技術研究基盤整備機構」を対象にした1コマ目の作業の直後には、

  「今回は、説明する担当省庁の方に対しても、『この先についてどうするのか』についてプレ事業仕分けの時に何度も言わせていただいているので、そこはぶつかるところにはならないのでは」

と、あまり議論が紛糾しないことを示唆していた蓮舫議員だが、2コマ目のJICAを対象にした仕分け作業が始まってみると、実際は違ったようだ。

 このコマでは、人件費や所有する施設の整理統合について、前回の仕分け作業の結果がどの程度反映されているかを検証(フォローアップ)することが目的とされたが、仕分け人からは続々と批判の声があがった。

 例えば、「航空運賃は、ビジネスクラスではなくエコノミークラスでの使用を基本にし、経費が8億1200万円減らせた」とするJICA側に対し、

 「全体の航空運賃は111億4800万円(08年)。余り減っていないのではないか」

 と反論され、「(給与とは別に支給される)在外手当が、ここ10年で3割減った」という主張に対しては、具体的な額を開示するように求める声が飛んだ。

■「テレビの前では言いたくないんですけど」

 JICA側は、「北京の次長クラスで、99年には月額64万5400円だったものが、10年には43万9300円に、31.9%減少している」などと説明したが、やはり普通の民間会社と比較して好遇なことに疑問の声が相次いだ。

 渋谷区にある広報・研修施設「東京国際センター」についても、

  「国際空港に近いという意味では、大阪や成田はどうか」「埼玉の朝霞ではどうか」

 などと、郊外に移転したり、余っている別の独立行政法人の施設を利用してコストを削減すべきとの声が続出した。

 仕分け作業の最後には、理事長の報酬額について「報酬は年に2116万円だが、月額報酬の規定と計算があわない」という趣旨の指摘がされると(他の仕分け人からは「ボーナスの分」とフォローする声)、福山哲郎外務副大臣がシドロモドロになる一幕もあった。

  「これはテレビの前では言いたくないんですけど、理事長は(元・国連難民高等弁務官の)緒方貞子先生です。本当にご高齢の中、世界中を飛び回って援助にかけまわっていただいてます。緒方先生のご経歴、国際社会への貢献といったことを考えた時に、この金額が高いか高くないかと言うときに、『高くない』とは言いませんが、しかしそこは、緒方先生のこれまでの実績を含めて、それは十分に、僕は国民に理解いただいていると思う」

 概してJICA側は「防戦一方」の様相だ。その結果、14人の仕分け人のうち、12人が「見直しが不十分」と判定。調査研究費、施設整備資金について、さらなる縮減を求められることになった。

 仕分け作業の「第2弾」の前半は、週末をはさんで26日〜28日まで行われ、後半は5月下旬に行われる。


■関連記事
事業仕分け「第2弾」 ネット中継は「ニコ動」など5サイトが担当 : 2010/04/20
鳩山首相「高速料金」またまた迷走 小沢と前原どっちが大事? : 2010/04/22
政党支持に地殻変動の予兆 急上昇「みんなの党」台風の目 : 2010/04/22
母の日に花を エチカ表参道と渋谷西武に「花車」登場 : 2010/04/20
眠りたいのに眠れない ケータイゲームの「カチカチ音」 : 2010/04/23

<普天間>9万人県民大会「民意の一つの表れ」…鳩山首相(毎日新聞)
「最初の診療」質向上へ本腰 学ぶ医師増やせ 認定制度を充実 学術団体と日医 (産経新聞)
「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告−宮城(時事通信)
<訃報>田村大三さん97歳=「指笛音楽」創始者(毎日新聞)
父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)

明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)

 平成13年7月の兵庫県明石市の歩道橋事故で、妻の律子さん=当時(71)=を亡くした草替与一郎さん(83)は20日午前、小雨が降る中、律子さんが眠る兵庫県三木市の霊園を訪れた。墓前で帽子を取って手を合わせ、元明石署副署長の榊和(かず)晄(あき)被告の起訴を報告した。

 19日にテレビのニュースで20日に起訴されることを知り、朝一番で墓前に報告したかったという草替さん。律子さんには「今までは今日の天気のように曇り空だったけれど、ようやく晴れ間が見え始めた。必ず期待する結果が出るから、もう少し時間をくれ」と伝えたという。

 これまでの検察側の遺族に対する説明では満足な答えを得られなかったといい、「今後は公開の場(法廷)で議論される。責任のある者は責任を取る、という結果を見せてもらわないといけない」と裁判に期待を寄せる。草替さんは「(律子さんから)『気が済むまで存分に戦ってくれ』と言われたような気がする」と、自らにも言い聞かせるように話した。

【関連記事】
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談
神戸地検が可視化の機材貸出へ 明石歩道橋事故で 
歩道橋命名権売却「どんどんやったらいい」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ−次期首相候補(時事通信)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
近未来通信元専務、詐欺認める 東京地裁(産経新聞)
<沼田市長選>現職の星野氏が無投票で3選 群馬(毎日新聞)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)

石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり−社民・福島党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は19日の記者会見で、石原慎太郎東京都知事が与党幹部には親などが帰化した人が多いと語ったとした上で、自身を念頭に置いた発言だとの認識を示した。「私も両親も帰化した者ではない。発言は永住外国人の地方参政権に賛成してきた私の政治信条をゆがめ、踏みにじるものだ」として、発言を撤回しない場合は提訴も検討する考えを示した。
 一部報道によると、石原氏は17日に都内で開かれた会合で、永住外国人への地方参政権付与問題に関連して「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか与党の大幹部は(親などが帰化した人が)多い」と発言したとされる。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

山形新幹線、人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
体調万全で作業も順調=持参の日本食、同僚に好評−宇宙で仕事1週間・山崎さん(時事通信)
浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)
“豪快”三宅雪子氏に与野党どよめき(スポーツ報知)

ISS 山崎さんと野口さん初の共同作業(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子(39)、野口聡一(44)両宇宙飛行士は米中部時間8日夜(日本時間9日午後)、米スペースシャトル「ディスカバリー」で運ばれた物資をISS内に搬入する作業を始めた。2人にとって初の共同作業となった。

 山崎さんは物資輸送の責任者として、地上の管制室と連携しながら、野口さんと作業に着手。ISSに設置された大型コンテナ「レオナルド」に入り、6トン以上に及ぶ補給物資を次々と運んだ。ISSで3台目となる冷凍冷蔵庫も日本実験棟「きぼう」に設置された。

 また並行して今回のシャトル飛行で初の船外活動も実施。米国の宇宙飛行士が、宇宙船に使う素材の劣化状況を調べる宇宙航空研究開発機構の実験サンプル回収などを行った。

【関連ニュース】
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影
野口宇宙飛行士:実験棟のロボットアーム組み立て作業
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録
宇宙で暮らす第一歩/1 若田さん 国際宇宙ステーションに長期滞在
解説:山崎さんISSに 日本人の宇宙同時滞在、今後は可能性低く

雑記帳 愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)
アトムと一緒に入学式(産経新聞)
阿久根市、やっと元係長に給与220万円振り込み(読売新聞)
気象庁係長、すり未遂現行犯逮捕=通勤中「何度かやった」−警視庁(時事通信)
深夜の悲報、職員ら駆け付け=村本さん勤務のロイター通信−東京(時事通信)

直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は3月31日、「『出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度』終了後の抜本的改革に関する要望書」を長妻昭厚生労働相あてに共同で提出した。要望書では、2011年度以降の新たな制度の創設を求め、その検討に当たって考慮すべき点などを指摘している。

 要望書ではまず、直接支払制度を11年3月で終了させ、これに代わる新たな制度を創設するよう要望。その上で、新たな制度を検討するに当たって、▽出産育児一時金の請求と支給は、保険者・被保険者間での完結を原則とする▽お産をした人が事前申請を行えば、出産事実の通知の直後に出産育児一時金を受領できる制度とする▽被保険者が希望する場合は、出産育児一時金の全部あるいは一部を分娩施設などへの支払いに充てることができることとする▽事前申請や出産事実の通知にかかる手続きを可能な限り簡略化する▽受給資格がない人への制度上の配慮をする―の5点を考慮するよう求めた。
 さらに11年度以降、支給額をさらに増額することも要望した。

 同日の記者会見で同学会医療改革委員会の海野信也委員長は、直接支払制度によって分娩施設に「確実に経営上の影響が出ている」と指摘。厚労省が制度の在り方を検討するに当たって、「現状をご理解いただいた上で、どのように考えていただけるかの材料を早めに提供した方がいいと考えた」などと要望書提出の経緯を説明した。

 直接支払制度は昨年10月に導入されたが、医療機関から資金繰りの悪化を訴える声が上がったため、厚労省は制度の完全実施を10年3月末まで猶予していた。しかし、それでも医療機関の反発が解消されなかったため、実施猶予を11年3月末まで延長。また、出産育児一時金制度について議論する場を設け、直接支払制度の現状・課題や、11年度以降の制度の在り方について検討するとの方針を示している。

■4月1日の訴訟提起を延期―直接支払制度義務化撤回訴訟原告団
 共同要望書提出を受け、出産育児一時金直接支払制度義務化撤回訴訟原告団(72人)は同日、要望書への全面的な支持を表明。また、4月1日に予定されていた訴訟提起を延期すると発表した。原告団が発表した声明書では、当面は新たな制度創設への動きを見守り、要望書に沿った制度創設を期待するとしている。その上で、「両会統一の要望書に反し、時代に逆行する反対勢力があった場合には、当該勢力に対し新たな形態での訴訟を提起する」との姿勢を示している。
 同日の会見で原告団代理人の井上清成弁護士は、助産所や産科医療機関が原告となって国を相手に起こす訴訟の元々の目的は、「妊産婦にとってよい制度になる見込みが立つような方向性で検討されること」であり、「共同要望書ではその点が実現している」と説明。「訴訟に約2年かかる間に制度改善の動きが止まってしまうことを危惧し、早急に直接支払制度を廃止して新たな制度に取り組んでもらうためにあえて訴訟を延期した」と述べた。


【関連記事】
直接支払制度の完全実施、さらに1年延長―厚労省
直接支払制度の影響で約5千人の「出産難民」も―産科中小施設研究会
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望

発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
<御柱祭>氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕(毎日新聞)
<歌舞伎座>最終公演「御名残四月大歌舞伎」始まる(毎日新聞)
「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)

<中国毒ギョーザ>身柄引き渡しは困難(毎日新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件の容疑者逮捕を受け、警察庁は、中国警察当局からの追加の情報提供要請に備え、千葉、兵庫県警の共同捜査本部に準備を指示した。捜査の進展をにらみつつ、情報交換のため中国に捜査員を派遣する見通しだ。

 中国との間では犯罪人引き渡し条約が締結されていないため、日本への身柄の引き渡しは難しい。警察庁幹部は「中国の法律に国外犯規定があれば、代理処罰を求めたい」と話す。

 だが、日本で発生した事件で呂容疑者を中国で処罰するには高いハードルがある。国外犯規定があったとしても、日本に対する強い恨みなど「犯意」の立証が必要になってくる可能性があるためだ。警察庁は今後も、中国捜査当局と連絡を取り合い、情報の交換を緊密にする方針だ。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:対日配慮か 首相相互訪問にらみ
中国毒ギョーザ:天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か
中国毒ギョーザ:中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省
中国毒ギョーザ:36歳の中国人の男を逮捕 中国警察当局
中国製冷凍ギョーザ中毒事件

敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)
<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)
<築地市場>移転予算を都議会委が可決…本会議で成立へ(毎日新聞)
普天間5月決着、米と合意せず…外相(読売新聞)
日本絵本賞 大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)

岡崎城の東隅櫓が完成=愛知〔地域〕(時事通信)

 徳川家康の生誕地として知られる愛知県岡崎市の岡崎公園に、東隅櫓(ひがしすみやぐら)が復元された。岡崎城一帯は岡崎公園として整備されている。
 櫓は、平時に弓矢の武器庫として、有事には城壁に近づく敵を迎え撃つために使われた。今回復元されたのは、梁(はり)や柱に松やヒノキを用いた木造望楼式二重櫓で、広さは約62平方メートル。
 詳細な図面が残っていないため、松山城の野原櫓などの形状を参考に、塀を含め約1億円を掛け建設した。27日から観光客用のトイレと休憩所としても一般に公開される。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「おやきを食す日」制定=長野
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都

普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)
斎宮 ちょっとミステリアスな響き(産経新聞)
福岡でも和解勧告=全国2件目−B型肝炎訴訟(時事通信)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
<地下銀行>30億円送金 ベトナム人男女4人を容疑で逮捕(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 即日
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
ネットビジネス
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM